スタンディングデスクを買って健康になろう!というお話

座りすぎによる健康被害

みなさんは日頃何時間程度椅子に座っていらっしゃるだろうか?

サンパウロ大学の研究によると一日3時間以上座ると座りすぎになるという。

さらに多くの研究でわかったことは

全死亡率の3.8%は座りすぎに関連している

・座りすぎに運動不足が重なると全死亡率との関連は14%になる

・運動をしてもその効果が減ってしまう

・座る時間が長くなればなるほど脳が小さくなる

・カロリーの消費量が減るので太りやすくなる

メンタルが沈んでいく

3時間以上座ることなんてざらにありますよね?

恐ろしすぎる…

スタンディングデスクの素晴らしさ

逆にスタンディングデスクなどを使って立ったまま仕事をすると以下のようなメリットを享受できる。

脳機能の向上

ワーキングメモリの能力も向上

・仕事の生産性が46%向上

勉強効率が12%も増進

まさに立ちながら仕事をするのはいいことだらけという感じ。

厚生労働省の調査によると2015年度の医療費が約42兆3644億円という。上記で見てきたようにスタンディングデスクを使って立ちながら仕事をすることで医療費も削減しつつ、生産性も向上するのは間違いない。政府などがスタンディングデスク購入へ補助金を支給することが日本の生産性を向上させるかもしれない。

関連商品

Bauhutte (バウヒュッテ) 昇降式 スタンディングデスク (幅70cm×奥行45cm) BHD-700

参考文献

1日に3時間より多く座ると死亡率アップ。まずは30分だけ座る時間を減らしてみよう

1日3時間ぐらい座りっぱなしでも脳が小さくなっちゃうかもだぞ!というこわい話

座る時間が長くなるほど不安を感じやすくなるという研究結果

1日のうちに座る時間が長くなるほどエクササイズの効果はムダになる

1日6時間以上イスに座ると鬱や不安がアップする

スタンディングデスクを24週間使うと頭がグンと良くなるらしいぞ

日本の医療費、何にお金がかかっているの?:基礎研レター

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です